大正5年 卒業の日「また学校を訪ねてください」との安田学園創立者安田リヨウ先生のお言葉をもとに「卒業生を招く日」が設けられました。
安田リヨウ先生はこの日を「嫁いだ娘の里帰りを待つ思いだ」と語られたとのことです。これが安田学園同窓会の原点です。
昭和2年〜昭和15年 毎年12月に同窓会が開催。
昭和16年〜昭和20年 第2次世界大戦の為、終戦まで同窓会は中止。
昭和20年8月6日   安田学園は原爆投下により、校舎はすべて倒壊焼失。
その校舎の焼け跡に卒業生がたたずみ「母校がなくなった」と泣いていたことを知らされた安田リヨウ先生は、被爆され重傷のなか学校の復興を決意されました。
まさに母校は安田リヨウ先生のご慈愛によって再建されました。
昭和21年10月17日  工兵隊の馬小屋を改造した講堂(当時半倒壊の元工兵隊兵舎を校舎として使用していた為)において出席者151名 会費10円で戦後第1回目の同窓会が開催。
昭和28年12月4日   同窓会会長安田リヨウ先生より、会員の中から三役(会長、副会長、会計監査)を選任し自主運営をするよう勧められ、選考委員会推薦の 会長 笠井かつ(大正9年卒)、副会長 佐藤富士子(大正13年卒)・吉田露子(昭和9年卒)、会計監査 井上アヤメ(大正9年卒)・沖原マサコ(大正15年卒)を満場一致で選任。
学園長安田リヨウ先生を同窓会顧問にいただき、同窓会の体制を整備。
「同窓会の日」を同窓会総会と改称。
昭和30年 学園創立40周年記念事業として、茶室 如竹庵を安田リヨウ先生に贈呈。
昭和34年 安田リヨウ先生が、安田家の紋章の唐花にちなんで本会を唐花会と命名。
昭和40年 学園創立50周年記念事業としての、唐花会館落成。
昭和46年 安田リヨウ先生の米寿祝賀会にて、ご所望の会員自筆の短冊を贈呈。
安田リヨウ記念館に保存。
安東キャンパスにおいて初めての唐花会総会が盛大に開催。
昭和48年 被爆した瀕死の人々が、水を求めて集まった学園の傍の川原の石を集め
「亡き友の弔いにしたい」と当時生存した生徒が手作りの碑を建立。
学園創立60周年記念事業への協賛として原爆死没者氏名を銅版に刻み「原爆犠牲者慰霊碑」として現在の形に整備。
昭和49年 吉田露子会長就任。
昭和52年11月8日  会員一同 母とお慕いしていた安田リヨウ先生ご逝去。
昭和60年 学園創立70周年記念事業へ協賛。
70周年祝賀唐花会総会11月開催。
会報「からはな」祝賀特集号発行。
唐花記念誌「からはな」発刊。
昭和62年 和泉加寿枝会長就任。
昭和62年 総会を当番幹事制にて運営開始。
総会会場として白島キャンパス・安東キャンパスを、交互使用に決定。
平成2年 土井深幸会長就任。
平成7年 学園創立80周年祝賀唐花会総会を学外(国際会議場)で開催。
以後白島キャンパス・学園外・安東キャンパス・学園外と、会場を輪番制に決定。
平成10年 大学部・短大部・中学高等学校部・小学校部の四部に組織改革。
各部に部長を選任。
法人本部移転に伴い、唐花会事務局を安東キャンパスに移転。
平成14年 岡本多鶴子会長就任。
平成14年 白島キャンパス体育館舞台幕寄贈。
平成15年10月19日  関東支部会開催。
東京支部会として大正時代より昭和59年まで5年毎開催。
平成2年関東支部会と称し、3年毎開催。
平成15年11月9日  関西支部会開催。
大阪支部会として大正時代より昭和44年まで5年毎開催。
その後途絶えがちのところ平成15年関西支部会と称し復活。2年毎開催。
平成16年 ビデオ「白梅のように」制作。
平成17年 安田学園90周年記念音楽祭参加。
平成18年 安東キャンパス体育館ステージ幕寄贈。
平成19年 安東キャンパス9号館タペストリー寄贈。
平成20年 山野瑞枝会長就任。
唐花会総会会場の学内→学外という輪番制を止め、学外のみとする。
平成21年 ビデオ「唐花会」制作。
    





お問合せは・・・安田学園唐花会事務局
〒731-0153広島市安佐南区安東6-13-1TEL & FAX ; 082-878-9874
All Rights Reserved, Copyright Karahanakai Alumnae Association 2004